BLOG ブログ

ブログ

私家版用語辞典を作る理由1

事を考える上で注意すべき点の一つは、判断のロジックの中に意見が入らないようにすることである。ロジックは事実を積み重ねていくべきモノなのだが、いつの間にか思い込みといった固定観念や希望的観測、正当化による事実の誤認といった“意見”によって汚染されてしまうのでその排除に心がけなければならない。

そして注意すべきもう一つの点は、言葉の選び方である。私たちは言葉を使って考えるが、その際に言葉の持つイメージに知らず知らずのうちに縛られてしまっている。また場合によっては思考の誘導を受けてしまっている場合がある。例えば同じ事実のはずなのに新聞各社の言葉の選び方が違うために異なった印象を受ける場合がそうである。

言葉のイメージによる縛りを外す方法の一つは“ラベル剥がし”という手法である。コーチングやカウンセリングの手法の一つに“ラベリング”というのがある。ラベリングとは「名前(ラベル)」をつけることで、曖昧な物をはっきりとした概念に変える方法であるが、ラベル剥がしはその反対に「名前(ラベル)」を剥がすことである。

ラベルを外す方法の一つとして別の言葉への言い換えがある。

「バベル17」というS Fの古典では、ピンチに陥った言語学者である主人公が、同じ言葉を様々な言語に置き換え、言い換えた言葉が持つニュアンスをヒントにして脱出方法を考えだすというシーンがある。例えば「円」というと「円」の形そのものをイメージされるのではないかと思う。そこで「円」を例えば「丸」に言い換えると、人によっては“丸いモノ”や“曲線の軌跡”をイメージされるのではないかと思う。そして同じcycleでも「サークル」と読めば、“(人の)塊り”をイメージされるだろし、「サイクル」と読めば“車輪や回転するモノ”をイメージするだろう。様々な似た言葉(=類義語)に言い換えることで、言葉のイメージが持つ縛りから抜け出す方法である。

もう一つは、ダイレクトにそのものをイメージを思い浮かべることである。例えば「机」ではなく、“一枚の板に脚がついたモノ”とイメージする。そうすると不思議なモノで同じ机でも「デスク」や「テーブル」に見え始め、さらには「椅子」や「ベッド」にも段々と見えてくる。

コンサルティングやコーチングでは、今までとは違った発想・ものの見方が求めら得ることが多いので、このラベル剥がしの手法は私の中では良く使っている。

SHARE

ブログ一覧